ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

-IDとパスワード

インターネットには「認証」という概念があります。認証とは、通信をしている相手が、操作する権限を持っている本人かどうかを確認する作業です。

認証には「利用者を識別する情報」と「それを確認する情報」を組み合わせることで行われます。前者は主にログインID(メールアドレスが利用される場合もあります)が使用されています。後者はパスワードが使用されます。パスワードとは本人だけが知る、文字の組み合わせ情報で、それを入力することでログインIDを持つ本人であることを確認します。ログインIDとパスワードは、インターネット上のサービスを利用する際に、利用する権限があるかを確認し、本人を確認するための重要な情報です。通常、サービスを利用できるようにすることを「ログイン」、利用を終了することを「ログアウト」といいます。