ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

-利用する 場所・時間・目的

公衆浴場、銭湯、温泉、プール、海水浴場等

公衆浴場や銭湯、温泉は脱衣して利用する場所ですし、プール等の更衣室も脱衣していますので、携帯電話やスマホの利用はできないと考えた方が無難です。撮影するつもりはなくても、携帯電話やスマホにはカメラが付いていますので、利用者同士の不信感を買うばかりでなく、警察沙汰になる恐れもあります。裸体の撮影は他人の人権を侵害するだけでなく、自らの体であってもわいせつの罪に問われることがありますので、こうした場所での利用は控えて下さい。

また、プールや川、海水浴場などで水着を着けていても、写真を撮影したり、ネットにアップしたりすることはトラブルの基となります。第三者の水着姿はもとより、たとえ自分の子どもの水着姿であっても、他人の好奇の目にさらされたり、児童ポルノに該当する場合があったりしますので、撮影には注意が必要ですし、自分のブログやSNSでの日記、メモであったとしても避けた方がよいでしょう。