ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

トップ検定対策トップ模擬試験問題模擬試験問題 ランダム

模擬試験問題 ランダム

問1 ネットオークションとは、インターネット上で行われる競売(オークション)の仕組みのことで、登録すれば誰でも利用が可能である。
問2 コンピュータウィルスはプログラムなので、実行しない限り感染することはない。しかし、近年では、ウェブサイトにウィルスが仕込まれていて、閲覧するだけで感染するケースもある。
問3 大部分の最新のWebブラウザにはフィッシング詐欺対策機能が実装されているため、利用することが推奨される。
問4 スパムメールの明確な対策はなく、むやみに自分のメールアドレスをサイト登録しない、「捨てアド」を持つ、などの予防が重要です。
問5 ネットショッピング詐欺にあわないためにも、不自然なURLに気をつけることが重要である。
問6 総務省では、情報セキュリティ初心者のための三原則として、「ソフトウェアの更新」「ウイルス対策ソフト(ウイルス対策サービス)の導入」「データの暗号化」の3つを推奨している。
問7 ネット上にIDとパスワードの一覧が投稿されていたので、運営者に報告した。
問8 会社や組織など、業務で利用される接続回線は、常に専用線が使われているため、セキュリティを意識する必要はない。
問9 OSは常に自動でアップデートされるため、意識する必要はない。
問10 アクセスポイントは、ホテルや空港、駅、飲食店など公共の場に設置されている。
問11 インターネット利用のマナーによるトラブルで、実際に重大事故が発生している。
問12 1,000件の「ヒヤリ」や「ハッと」した時があれば、確率的に1件の重大事故が起きると認識しなければならない。
問13 公衆浴場やプール等では、携帯電話やスマートフォンを持っていることは不信を招くのでしないほうがよい。
問14 飲食店で、出された食事を撮影する際には気をつけなければならない。
問15 公共の場とは、空港、病院、バス・電車・航空機等の交通機関、レストラン、教室、図書館、博物館、エレベーター、エスカレーター、公衆トイレ、公園、広場等をさし、路上は公共の場には含まれない。
問16 新しい性能を持つコンピュータウイルスのプログラムができたので、そのソースコードをインターネット上に公開した。
問17 人を無断で撮影しインターネットに投稿することは、場合によっては撮影した人から訴えられて民事事件に発展する可能性もあるため、注意が必要である。
問18 性的な関係を強要したり、言動を見せつけることを「セクシャルハラスメント」という。
問19 災害の被災地で空き巣が広がっているという情報を知人から聞いた為、ネットに書き込んだ。
問20 友人から来た、「友だちのつながりの世界記録に挑戦する」というメールを転送した。
問21 インターネット上のSNSで、他人を誹謗中傷した場合、名誉毀損罪で逮捕されることがある。
問22 誹謗中傷の書きこみ等は、書きこんだ時のIPアドレスの記録等から書きこんだ本人をある程度まで特定できる。
問23 インターネット上に掲載されていた他人の名誉を毀損する事実無根の記事を、そのまま転載した場合、名誉毀損罪は成立しない。
問24 ネットで銀行が経営不安だという記事を見て、友人に預金を下ろすよう伝えた。
問25 インターネット上のフリーマーケットには盗品が販売されていることがあるので、購入者としても注意が必要である。
問26 同業者を困らせる為、名前や住所を偽り、インターネットショップでウソの注文をした。
問27 送信元アドレスを偽って、広告メールを送信してはならない。
問28 実際に不正アクセスをしなければ、他人のID及びパスワードを保管してもよい。
問29 株価を意図的に上下させる目的で、インターネット上に虚偽の情報を発信してはならない。
問30 つきあっているパートナーから、裸の画像を撮影させて携帯電話に送信するよう言われた。信用しているし他の人には絶対見せないといっている。信頼関係が傷つく恐れもあるため、まずは顔が写っていない写真を送信した。
問31 人が、他人の権利ないし利益を違法に侵害する行為を「不法行為」という。
問32 民事事件は、本人同士で解決してはならず、必ず裁判所で解決を図らなければならない。
問33 ブログやSNSに事実を書き込んで人の社会的評価(名誉)を低下させた場合、名誉棄損として、民事訴訟を提起されて損害賠償を求められることがある。しかし、双方示談が成立した場合、刑事的な責任が追及されることはない。
問34 あいつは同性愛者だ、とSNSで名指しで投稿した。
問35 ふざけて職場の商品陳列棚の上によじ登り、写真を取ってネットに掲載した。
問36 プライバシーが法的に保護されるのは、①本当かどうかはともかくとして、私生活上の出来事であるか、そのように思われること、②まだ誰にも知られていないこと、③一般の人の感受性で公開されることを望まないこと、の三つが揃った情報でなければならない。
問37 肖像権に係らず、自らSNSやブログで公開した写真については勝手にコピーされて流用されても、法的に保護されないことがある。
問38 イベントの主催者として、「イベントに登録することで、あなたはイベント時に主催者が撮影した肖像等の動画および画像について、主催者がそれらを公開・非公開問わず、無償で使用することに同意するものとします。」と説明し、後日撮影した写真をホームページに公開した。
問39 個人情報とは、特定の個人を識別できる情報のことで、具体的には「氏名」のみで該当する。
問40 友人から「A氏に年賀状を出したいから住所を教えて欲しい」と言われ、教えた。
問41 知的財産権制度は、おおまかにわけて「特許権」「著作権」「商標権」の3つに分類される。
問42 インターネットを利用する上では、知的財産権制度を理解しておく必要はない。
問43 業務上、著作権フリーのイラストを、ガイドラインに従って利用したが、商用利用については認められていなかったので、商用ではないことにした。
問44 データベースで購入した新聞記事を社内で共有するためにコピーを配付した。
問45 個人的に使用するために偽ブランド品と知りながらネットオークションに入札し購入する行為は、行為自体は違法行為ではない。しかし、偽ブランド品流通を助長させるため、そのような行為は絶対に控えるべきである。
問46 商標権とは「商品・サービスの名前」、「マーク」や「エンブレム」などに対する知的財産権で、使い始めてから排他的、独占的利用が認められている。
問47 視覚的に美観をもたらすデザインに対する知的財産権を「意匠権」という。
問48 新規の発明に対する知的財産権を「特許権」という。
問49 「特許権」とは、新規の発明に対する知的財産権で、出願から20年間、特許発明を独占的に利用できるものである。
問50 すでにあるアイデアを組み合わせて新しい使い方を考案した「実用新案権」という。

第1章 情報セキュリティ

インターネット上のサービス 脅威の種類 IDとパスワード データの取り扱い バックアップ アプリケーション セキュリティの確保 公衆LAN/無線LAN 機器等の処分/廃棄

第2章 マナーと倫理

利用する 場所・時間・目的 インターネット上の情報 危害を与える表現・行為 システムへ負荷をかけるもの

第3章 法制度(刑事事件)

刑法 その他インターネットに関係する法律 青少年・児童 守秘義務違反 その他

第4章 法制度(民事事件)

民事事件とは 名誉棄損 信用棄損 プライバシー / 肖像権の保護 個人情報保護法 ヘイトスピーチ(憎悪表現) 第三者への責任

第5章 知的財産権

著作権制度 商標権 意匠権 特許権 / 実用新案権

模擬試験

模擬試験トップ