ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

公衆LAN/無線LAN

公衆LAN/無線LANの利用

かつては電話回線を繋ぐか、LANケーブルを繋いでインターネットに接続していたのですが、現在ではスマホやモバイルWi-fiを持ち歩いて接続している人がいたり、レストランやホテル、駅・空港などで無線LANに接続したりすることが当たり前になってきました。自分のみが使えるWi-fiであればとくに大きな問題はありませんが、旅行や出張で外部の無線LANや公衆に開放された無線LANに接続することも多く、こうしたサービスを利用する場合に注意したいこともあります。

? 他人のネットワークを勝手に利用しないこと
利用者の誰もが自由に使えるサービスとしてレストランやホテル駅・空港などでは、無線LANが提供されています。ただし、サービスは利用者に限定されていることが多いので、接続できるからといって勝手に利用することはできないと考えた方がよいでしょう。セキュリティーキーの使い回しも問題となります。また、無線LANの受信を始めると非常に多くのネットワークがあることに気付きます。それらの中には、きちんと鍵をかけていないものがあることもありますが、接続できることがそのまま違法にはならないとしても、長く使い続けていると、不正アクセスを禁じた法律で処罰される恐れもあります。

? セキュリティ環境を整えていくこと
職場や家庭などで限られた人にしか提供されていないネットワークを使う場合はともかくとして、誰もが使える環境で提供されている公衆無線LANを使う場合には接続するコンピュータのセキュリティ環境を整えることが必要です。別に説明したセキュリティファイルを更新していくほか、ファイアーウォールという壁を立てて、外部との接続の許可・禁止をきちんと制御していく必要があります。対策を施さないと単にコンピュータウィルスに感染するばかりでなく、他人に外部からコンピュータの中身を見られる恐れもあります。多くの公衆無線LANは、使用開始時にそうしたリスクを説明してユーザーの同意を得てからでないと使えないようになっていますが、そうした説明は読み飛ばされがちです。  とくに職場等のコンピュータを、こうした公衆無線LANに接続する場合には、ネットワーク管理者によく確認して下さい。場合によっては管理されたモバイルWi-fiルーターを使うことも検討して下さい。

第1章 情報セキュリティ

インターネット上のサービス 脅威の種類 IDとパスワード データの取り扱い バックアップ アプリケーション セキュリティの確保 公衆LAN/無線LAN 機器等の処分/廃棄

第2章 マナーと倫理

利用する 場所・時間・目的 インターネット上の情報 危害を与える表現・行為 システムへ負荷をかけるもの

第3章 法制度(刑事事件)

刑法 その他インターネットに関係する法律 青少年・児童 守秘義務違反 その他

第4章 法制度(民事事件)

民事事件とは 名誉棄損 信用棄損 プライバシー / 肖像権の保護 個人情報保護法 ヘイトスピーチ(憎悪表現) 第三者への責任

第5章 知的財産権

著作権制度 商標権 意匠権 特許権 / 実用新案権

模擬試験

模擬試験トップ