ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

インターネット上の情報

インターネット上には世界中の人々が発信した様々な情報が存在します。多くの情報は「表現の自由」という考え方に基づいて尊重されるべきものですが、いくら表現の自由があるからといって、根拠のない情報や偽の情報、悪意ある情報がインターネット上にあふれてしまっては、せっかくのインターネットも誰も使わない価値のないものとなってしまいます。

事実、現在のインターネットでは、個人がWebサイトやSNS, ブログ、掲示板等で簡単に情報を発信することができます。しかしながら、すべての情報は書き手の責任において自由に行われていますので、必ずしも事実や客観的事実だけが表現されているとは限りません。悪意のあるユーザにより、意図的に偽りの情報が表現されている場合もあります。

このような環境の中で、インターネットを利用する場合、以下の2点を考える必要があります。

1.公正な情報の発信

私たちはインターネットの利用者として、根拠のある、または責任のもてる公正な情報を発信することが求められているといってもよいでしょう。

2.情報を批判的に読み解く力を持つ

インターネット上にあふれる情報には「主観的事実のみに基づく情報」「偽りの情報」「偏った情報」「古い情報」などがあり、存在する情報をすぐに信じるのではなく、批判的にとらえて確認しながら利用していく能力が今まで以上に求められるようになってきています。

第1章 情報セキュリティ

インターネット上のサービス 脅威の種類 IDとパスワード データの取り扱い バックアップ アプリケーション セキュリティの確保 公衆LAN/無線LAN 機器等の処分/廃棄

第2章 マナーと倫理

利用する 場所・時間・目的 インターネット上の情報 危害を与える表現・行為 システムへ負荷をかけるもの

第3章 法制度(刑事事件)

刑法 その他インターネットに関係する法律 青少年・児童 守秘義務違反 その他

第4章 法制度(民事事件)

民事事件とは 名誉棄損 信用棄損 プライバシー / 肖像権の保護 個人情報保護法 ヘイトスピーチ(憎悪表現) 第三者への責任

第5章 知的財産権

著作権制度 商標権 意匠権 特許権 / 実用新案権

模擬試験

模擬試験トップ