ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

IDとパスワード

インターネットには「認証」という概念があります。認証とは、通信をしている相手が、操作する権限を持っている本人かどうかを確認する作業です。

認証には「利用者を識別する情報」と「それを確認する情報」を組み合わせることで行われます。前者は主にログインID(メールアドレスが利用される場合もあります)が使用されています。後者はパスワードが使用されます。パスワードとは本人だけが知る、文字の組み合わせ情報で、それを入力することでログインIDを持つ本人であることを確認します。ログインIDとパスワードは、インターネット上のサービスを利用する際に、利用する権限があるかを確認し、本人を確認するための重要な情報です。通常、サービスを利用できるようにすることを「ログイン」、利用を終了することを「ログアウト」といいます。

第1章 情報セキュリティ

インターネット上のサービス 脅威の種類 IDとパスワード データの取り扱い バックアップ アプリケーション セキュリティの確保 公衆LAN/無線LAN 機器等の処分/廃棄

第2章 マナーと倫理

利用する 場所・時間・目的 インターネット上の情報 危害を与える表現・行為 システムへ負荷をかけるもの

第3章 法制度(刑事事件)

刑法 その他インターネットに関係する法律 青少年・児童 守秘義務違反 その他

第4章 法制度(民事事件)

民事事件とは 名誉棄損 信用棄損 プライバシー / 肖像権の保護 個人情報保護法 ヘイトスピーチ(憎悪表現) 第三者への責任

第5章 知的財産権

著作権制度 商標権 意匠権 特許権 / 実用新案権

模擬試験

模擬試験トップ