ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

IDとパスワード


パスワードを安全に管理するためには、以下のことに気をつけなければいけません。

  • デフォルト設定のまま使い続けない。
  • パスワードは第三者がわかりづらいものに設定する。
  • 同じパスワードを使いまわすことはしない。また、何年も同じパスワードを使い続けない。
  • 誰もが見やすいところにパスワードを書いた紙を張り付けない。
  • 同僚などに教えない。
  • パスワードを電子メール等の通信でやり取りしない。
  • やむを得ずパスワードをメモする必要がある場合は、鍵のかかる机や金庫などで保管することが望ましい。

パスワードの設定は、わかりやすい氏名や生年月日や住所、電話番号を使わないのはもちろんのこと、地名や固有名詞などの単語も、解析ソフトで見破られてしまいます。そのため、数字や英文字(大文字と小文字)を組み合わせて(記号を推奨している場合もあります)、他人からは推測されにくい意味をなさないものを設定することが望ましいです。

家に鍵をかけて外出すること一緒で、インターネットの利用時にも自分のスペースを守るためには、ログインIDとパスワードをきちっと管理する必要があります。鍵をかけなかったり、見つかりやすいところにおいたりしての外出が危ないのは当然のことです。それと同じようにパソコンやインターネットの利用時にも安全な鍵(パスワード)を設定し、絶対に第三者にはわからないようにすることが非常に大切です。パスワードは家の鍵と同じですから、誰もが見やすいところにパスワードを貼り付けたり、同じパスワードを使い回したりしていては、ドアに鍵があってもキーを差しておくようなもので、コンピュータやインターネットのサービスを安全に利用することはできません。

第1章 情報セキュリティ

インターネット上のサービス 脅威の種類 IDとパスワード データの取り扱い バックアップ アプリケーション セキュリティの確保 公衆LAN/無線LAN 機器等の処分/廃棄

第2章 マナーと倫理

利用する 場所・時間・目的 インターネット上の情報 危害を与える表現・行為 システムへ負荷をかけるもの

第3章 法制度(刑事事件)

刑法 その他インターネットに関係する法律 青少年・児童 守秘義務違反 その他

第4章 法制度(民事事件)

民事事件とは 名誉棄損 信用棄損 プライバシー / 肖像権の保護 個人情報保護法 ヘイトスピーチ(憎悪表現) 第三者への責任

第5章 知的財産権

著作権制度 商標権 意匠権 特許権 / 実用新案権

模擬試験

模擬試験トップ