ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

利用する 場所・時間・目的

病院内での利用

忘れられがちですが、携帯電話やスマートフォン、PHS、モバイルルーターも一種の無線機で、電波の受発信が行われています。その電波が他の精密機器の誤作動に繋がる恐れがあることを理解していなければなりません。

病院内には、検査や生命維持に関わる様々な機器が動いていますので、かつては、携帯電話やスマートフォンなど、病院内での利用は控えることが推奨されていました。

しかし、2014年8月、総務省など関係省庁や電波関連の業界団体などで構成する電波環境協議会から医療施設において携帯電話を使う際のルールの基本となる指針が発表されました。その指針では、通信端末の改善や病院内で使われる最新式の医療器具等は対策が施された結果、例えば待合室では通話可能、病室などでのインターネット利用は可能となっていました。

かつてのように、必ずしも病院内で電源を切ることが推奨されているというわけではなくなりましたが、これらはあくまで「指針」であり、細かいルールは個別の医療施設にゆだねられています。医療機器に影響を与える(例えば医療機器なら1m程度、ペースメーカーだと15cm程度が目安)ことには変わりありませんし、病院内は公共の場、ということに変わりないため、それぞれ定められたルールとマナーを守ることが重要です。

第1章 情報セキュリティ

インターネット上のサービス 脅威の種類 IDとパスワード データの取り扱い バックアップ アプリケーション セキュリティの確保 公衆LAN/無線LAN 機器等の処分/廃棄

第2章 マナーと倫理

利用する 場所・時間・目的 インターネット上の情報 危害を与える表現・行為 システムへ負荷をかけるもの

第3章 法制度(刑事事件)

刑法 その他インターネットに関係する法律 青少年・児童 守秘義務違反 その他

第4章 法制度(民事事件)

民事事件とは 名誉棄損 信用棄損 プライバシー / 肖像権の保護 個人情報保護法 ヘイトスピーチ(憎悪表現) 第三者への責任

第5章 知的財産権

著作権制度 商標権 意匠権 特許権 / 実用新案権

模擬試験

模擬試験トップ