ネットリテラシー検定機構

ネットリテラシー検定機構

利用する 場所・時間・目的

飛行機の機内での利用

飛行機は航行に関わる数々のデータをコンピュータで制御しながら飛んでいますし、そうした機器に使われる長距離のケーブルが巨大な機体を張り巡らされていますので、機内にある電子機器からの影響を受けやすいデリケートな乗り物です。そのため、スマホや携帯電話等、強力な電波を発する電子機器の利用は制限されています。そのため、国や地域、航空会社によって若干のルールは異なりますが、スマホや携帯電話、ゲームやパソコン、カメラ、音楽プレーヤなどの電子機器の利用を制限しています。

航空機の安全、すなわち人命に関わることですので、航空会社、搭乗員の指示に従うことが必要です。指示に従わない場合、飛行機が離陸できないばかりでなく、離陸した空港に戻ったケースもあり、刑事罰を科されるばかりでなく、航空会社からの遅延損害の賠償請求をされることもあります。

現在は機内での電子機器の利用も緩和されてきていますし、一部では携帯電話やスマホも利用できるようになりました。また、スマホは「機内モード」を選ぶこともできますが、現時点ではそれを利用した上でも全面的な解禁にはなっていませんので、あくまでも搭乗機のルールに従うことが大事です。

第1章 情報セキュリティ

インターネット上のサービス 脅威の種類 IDとパスワード データの取り扱い バックアップ アプリケーション セキュリティの確保 公衆LAN/無線LAN 機器等の処分/廃棄

第2章 マナーと倫理

利用する 場所・時間・目的 インターネット上の情報 危害を与える表現・行為 システムへ負荷をかけるもの

第3章 法制度(刑事事件)

刑法 その他インターネットに関係する法律 青少年・児童 守秘義務違反 その他

第4章 法制度(民事事件)

民事事件とは 名誉棄損 信用棄損 プライバシー / 肖像権の保護 個人情報保護法 ヘイトスピーチ(憎悪表現) 第三者への責任

第5章 知的財産権

著作権制度 商標権 意匠権 特許権 / 実用新案権

模擬試験

模擬試験トップ